尾花<むさしのシリーズ>

尾花<むさしのシリーズ>

¥1,540 税込

送料についてはこちら

<香りのジャンル> 現代的/天然原料97%/香木と漢薬と合成香料(3%) <むさしのシリーズとは> 国立新美術館と香雅堂のダブルネームで企画・製作されました。どこまでもつづく原野・月の名所として、古来さまざまな文芸作品、美術・工芸作品に題材とインスピレーションを与えてきた「むさしの」。国立新美術館を含む現在の東京一帯はそのような歴史的背景を持ちます。本シリーズは東京という土地が持つそのような過去・現在のイメージの融合を、かおりによって表現することを目指して製作されました。 <香りの特徴> 伝統と現代の融合を目指した香りは「和モダン」という言葉がしっくりくるかと思います。 白檀をはじめとした伝統的な香原料に、山茶花をイメージした香料を加えた、華やかで清潔感のある甘さの香りです。 <着想> むさしのは月の入るべき峰もなし尾花が末にかかる白雲  藤原通方 <全原材料一覧> 老山白檀・フィジー白檀・新白檀・粕白檀・かっ香・丁子・極上安息香・山奈・かみつれ・さざんか(香料) <題字について> 書をはじめとした日本の文化全般、特に茶の湯・和のかおりの文化に造詣の深い書家である岡西佑奈氏にお書きいただきました。 <内容量> 約40本 <内容物サイズ> 線香の長さ:135mm <パッケージサイズ> 155mm×60mm×20mm <使用上のご注意> 火気に十分ご注意の上、ご使用ください。 <包装方法(プレゼント・お悔み等)について> 恐れ入りますがこちらをご覧ください。 https://kogado.stores.jp/news/5eeae269d3f167232cfe82f8